10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長崎ペンギン水族館 〜水族館のメリークリスマス♪〜

熊本市動植物園の記事がもう1回分残っているのですが、ちょっとだけ割り込み。

先週末に「長崎ペンギン水族館」に行って来ました。そこでこんなもの見つけました。
PC190018_convert_20101222094018.jpg
水族館的クリスマスツリー

キラキラのイルミネーションも綺麗だけど、こういう水族館ならではのツリーも素敵でしょう季節ものなので、クリスマスが来る前にどうしてもアップしておきたかったので割り込みました。長崎ペンギン水族館の記事は後日、熊本市動植物園の記事終了後にアップしますね。とか言いながら、年越したらどうしよう・・・


ランキング参加しています(^^

にほんブログ村 写真ブログ 動物写真へ
にほんブログ村


ポチッとお願いします♪




クリック募金にご協力ください
クリックで救える命がある。
スポンサーサイト

Comment

これは良いですね!

こんにちは。
実にアイデアのある企画に関心です。
とても綺麗ですね。
大阪海遊館でも子供達と触れ合うことのできるペンギン行列が開催され大人気です。
子供の時から動物達と触れ合うことは情操教育の観点からも大切だと思いますね。

ペンギン行列とは羨ましい(^^

ごろんたさん、こんにちは!
水族館ならではの企画ですよね。ナイスアイデアだと感心しました(*^^*)
海遊館のペンギン行列は触れ合い可なのですか?いいなぁ)^o^(
長崎でもペンギンの行進イベントを行っていましたが、時間の関係で残念ながらみれませんでした。
次回またゆっくり行こうかなぁ(^^

可哀そうで泣いてしまいました。

こんばんは。
地元、光テレビニュースで大阪市立天王寺動物園の第二次大戦中に殺処分された動物達の剥製と共に解説する番組がありました。
実際に過去に何度も天王寺動物園の第二次大戦中の悲劇資料館で、この悲惨な出来事と動物達の剥製を見て涙が止まりませんでした。
何度、訪れても剥製を見ただけで涙が溢れるのです。
毒入り肉を食べさせたり、危険を察知したライオンには飼育員が涙を流しながら首を絞めて殺した話も今では知る人も少なくなりました。
この動物園の悲しい資料館を訪れる人は少ないようです。
心ある優しい人は涙なくして見れません。
テレビの番組で天王寺動物園の戦争中に殺処分され、剥製にされた動物達を観てまた、泣いてしまいました。
私ってオヤジ年代なのに泣き虫ですね。
でも、とても悲しいことですね。

こーれまた、面白いショットですねえ。
なんだか、カラフルな魚もツリーに彩りを添えて、水槽全体でクリスマスの雰囲気を出しているみたい…(笑)。ナイスショット!
素敵なクリスマスを…。

悲しい過去ですね。

ごろんたさん、こんにちは!
天王寺動物園は悲しい歴史があるのですね。
あまりに悲惨な歴史なので、親御さんたちも資料館を子供さんたちに見せないのでしょうか?
当時の時代背景では仕方のないことかもしれませんが、本当に悲しいことだと思います(-ω-)
泣き虫なのは悪いことじゃないと思いますよ(^^
むしろ、そんな凄惨なものを見て何も感じない人のほうがどうかと・・・。
きっと私もその剥製を目の当たりにしたら泣いてしまうと思います。

ありがとうございます♪

こうじさん、こんにちは(^^
このツリーのオーナメントは全て貝殻というこだわりようで、流石水族館だなぁと驚きました。
キラキラはしてないけど、お魚さんたちが彩りを加えてくれてるので、こういうのもいいかなと思ってます♪
こうじさんも良いクリスマスをお迎えください(´∀`)

戦争犠牲の動物展があります。

こんばんは。
先のコメントでも書きましたが、大阪市立天王寺動物園では1/20まで、第二次大戦中に殺処分された動物達の慰霊と悲劇を知ってもらうために犠牲になった動物達の展示会を催します。
「第二次大戦で犠牲になった動物達」
という表題だったと思います。
また、展示場で泣くことは間違いないですが観に行きます。
餌を食べずに困った飼育員が泣きながら豹の首を数人かかりで締めて殺処分された剥製を見たら生々しい締め跡があります。
他の観客が私が泣くのを見てどう思うか、そんなことは、お構いありません。
悲しいことは年月が流れても涙なくして見れませんからね。
そして冥福を祈ってきます。

ご冥福をお祈りします。

ごろんたさん、こんばんは(^^
天王寺動物園は戦争の犠牲になった動物たちの悲劇を後世に伝えていくことに積極的なんですね。
他の動物園ではあまり見かけないのですが、とても大事なことだと思います。
当時の飼育員さんも相当辛い思いをされたことでしょう。
それでもその事実を隠すのではなく、知らしめていく方向に進んでくれたことは素晴らしいですね。
九州の地からも、犠牲になった動物たちの冥福を祈ります。
Secret

プロフィール

アイ  

Author:アイ  
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ランキング参加しています(^人^)

FC2Blog Ranking

飛び回る小鳥たち

検索フォーム

リンクフリーです♪( ´▽`)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。