10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やまなみハイウェイ 〜トピアリーと峠の秋〜

最近は、朝晩だけではなく昼間もめっきり寒くなってまいりましたが、こんなに寒くなる前10月下旬に九重に行ってきました。
阿蘇(熊本県)から九重(大分県)に抜けるルートに「やまなみハイウェイ」と呼ばれるルートがあり、このルートは通るのが非常に楽しい道です
春は茶色の地面からヒョッコりと顔を出す緑に生命の息吹を感じ、夏は生い茂る青々とした草をのんびりと食むウシさんたちを見ながらのドライブ、秋は一面に広がる薄に平地より早く秋を感じることができます(冬は凍ってる道を突き進むスリルを味わえますよ〜。チェーンないと恐いけど)。
ドライブにもってこいの「やまなみハイウェイ」、ここを通る方はもう一つ楽しみがあるのをご存知だと思います。それがコチラの
PA230004_convert_20101106231540.jpg
物凄い数のトピアリー群

このトピアリー見たさにドライブしてる人もいるのでは・・・

PA230006_convert_20101106231857.jpg

PA230001_convert_20101106231252.jpg

阿蘇方面から九重に向かってる場合は、進行方向右手に突然現れるこのトピアリー群は感動ものです道路を走っていると、突然道沿いにこのトピアリー群が現れるのです。初めて見た人はそりゃあ驚くことでしょういつ通っても車を停めてカメラを構えてる人の姿を見ることができます。というか、観光バスが停まっていることもしばしば。

PA230002_convert_20101106231425.jpg

誰が何の為にこんなに凄い数のトピアリーを作ったのか、残念ながら私は詳しいことは知りません。しかし、公園のように整地されているわけでもなく、テーマパークのように入園料を取るわけでもない。ということは、土地の所有者の方の趣味

PA230005_convert_20101106231654.jpg

もしこれがホントに土地所有者の方の趣味だとしたら凄すぎる。相当手間がかかるはずだし、余程人を喜ばせるの好きな方じゃないと出来ないことですよね。何処の何方かわかりませんが、このトピアリーを造っている方、この場を借りていつも素晴らしい光景を見せていただけることへ感謝申し上げます


さてさて、そんな感動もののトピアリー群を過ぎて少し行くと大分県に入ります。県境からほどなくすると「牧ノ戸峠」と呼ばれる峠に差し掛かるのですが、10月下旬のこの日薄曇で、最高のお天気ではなかったものの登山客の多さにはびっくりしました峠の駐車場だけでは停められず、路駐している車がズラリ。彼らのお目当てはきっとこの紅葉でしょう
PA230019_convert_20101106232459.jpg

PA230016_convert_20101106232334.jpg

本格的な冬が来て、雪山に登られる登山者の方も多いようですが、秋真っ只中のこのシーズンがやっぱり一番人気なのでしょうか
PA230009_convert_20101105132952.jpg

PA230014_convert_20101105134330.jpg

101023_0010_convert_20101106232053.jpg

PA230011_convert_20101106232216.jpg

見事なトピアリーと牧ノ戸峠の秋に心洗われつつも、やっぱり動物たちに会いに行きたくなってしまうヒゴアイの九重の動物さんたちとのお話は次回に続きます


ランキング参加しています(^^


ポチッとお願いします♪




クリック募金にご協力ください
クリックで救える命がある。
スポンサーサイト

Comment

懐かしい。

こんばんは。
初めて山並みハイウェイへ行ったのは高校修学旅行です。
その後、社会人になってから独身時代、毎夏、休暇で訪れること数知れず。
退職した今、また、行きたいと思っています。
懐かしの大分、熊本、宮崎、鹿児島がメインになりますね。

お待ちしております(^^

ごろんたさん、こんにちは(^^
関西の方が「やまなみハイウェイ」をご存知だなんて、嬉しい限りです♪
大分は湯布院・別府にみられる温泉郷、熊本は熊本城と阿蘇、宮崎は高千穂峡を有してますし、鹿児島は霧島、と同じ九州でも観光地は様々。
お時間ができたら是非遊びに来られてくださいね(^^

椎葉村にも二度行きました。

こんにちは。
九州と言えば想い出か走馬灯のように巡ります。
平家の落人が移り住んで今でも子孫がおられる深い山里の椎葉村に二度、行きました。
山々を車で長時間、走り続けること2時間余り、タイムスリップしたような集落は実に心休まりましたね。
また、行きたいです。

時が止まったように密やかですね。

ごろんたさん、こんにちは(^^
椎葉村あたりになると本当に山深い所ですから、外界と隔絶されたような落ち着きがあります。
柳田国男の「後狩詞記」は椎葉村のフィールドワークを経て書かれたそうですね。
民俗学の出発点が椎葉村だと思うと、ごろんたさんがまた行きたいと仰るのもよくわかります(^^
Secret

プロフィール

アイ  

Author:アイ  
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ランキング参加しています(^人^)

FC2Blog Ranking

飛び回る小鳥たち

検索フォーム

リンクフリーです♪( ´▽`)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。